プリンターインクなら、このWEBサイト!プリンターインク指南書

プリンターインクの品質と値段の対比する

最近のインターネット環境の整備で、いろんなものがネットで検索出来て、それをスマホやタブレットで見ることが出来ます。それは、言葉でいい変えると、ペーパーレスになりつつあります。一昔前では、雑誌や新聞の切り抜きを、またはコピーで撮った書類を手にしていたはずです。それが、インターネットの普及で、サイトを登録しておけば、いつでもそれらを見直すことが出来ます。欲しかった商品も、インターネットのページをブックマークで登録すれば、いつでもそれらの情報を取り寄せられます。

もちろん、最新の情報が常に得られます。そうしたサイトの比較することで、より自分らしい情報をいつでも手に出来ます。その半面、スマホやダブレットで撮った写真を端末の中に入れたままにするケースが多いです。それだけに、写真は撮っただけで、見返すことはしないようです。その点一昔のデジタルカメラでは、写真を自分のプリンターで印刷して、写真としての残すことが主流でした。その意味では、活字や印刷にしないこで、プリンターの利用も少なくなりました。ただ、残したものは、手元にデータとしてでなく、モノとして残すことは必要です。

そうなると、長い間でも劣化しないインク選びが必要になります。メーカーもいろいろと創意工夫されていますが、自分にあったものを選ぶには、いろいろと価格や品質を比較しないといけない時代に入って来たと言うことです

こまもの本舗

総合評価 ★★★★★
サービス性 ★★★★
情報の多さ ★★★★★
利便性 ★★★★★
満足度 ★★★★★

こまもの本舗は社名の通り、激安プリンターインクをはじめ、文房具や名入れ商品、携帯電話のアクセサリーなどの、魅力満載のお得なこまものを豊富に取り扱っており、幅広いユーザーからの厚い支持を受けているショップです。

こまもの本舗の大きな魅力となるポイントは、価格がリーズナブルであり、種類や在庫が豊富、そして15時までの注文であれば、全在庫商品が即日発送と言うスピードと、まとめ買いがお得な5000円以上の注文で送料が無料と言う、サービスの充実度などが挙げられます。

こまもの本舗は、更にお得なセット販売商品なども充実度が高く、顧客が安心して商品を購入出来るように、2億円の生産物賠償責任保険(PL保険)にも加入しており、万一の備えも万全となっているポイントも、大きな魅力です。

インクナビ(株式会社ジーストリーム)

総合評価 ★★★★★
サービス性 ★★★
情報の多さ ★★★★★
利便性 ★★★
満足度 ★★★

プリンターを使って印刷をするとき、用紙とインクは消耗品になります。安ければ安いほど経費を減らすことができます。インクナビ(株式会社ジーストリーム)では、純正の半額近くで購入できるインクを用意してくれています。

プリンターをインクにセットした時、少なからずあるのが不具合です。正常に稼働しなければ、そのインクは無駄になります。インクナビ(株式会社ジーストリーム)の場合は、99.9パーセントの正常稼働率を誇る安全性があります。

プリンターに取付けるインクを純正のもの以外にすると、用紙をよく使ったり、インクの減り方が早いなどがあります。インクナビ(株式会社ジーストリーム)の場合は、ほぼ純正通りに使うことができます。

激安インク販売の【インクナビ】送料無料。

インク革命.com(株式会社シー・コネクト)

総合評価 ★★★★
サービス性 ★★★★★
情報の多さ ★★★
利便性 ★★★★★
満足度 ★★★★★

インク革命.com(株式会社シー・コネクト)は、インクジェットプリンターの必需品であるインクカートリッジを、豊富な取り扱いアイテムの中から、格安で早く顧客へと言うコンセプトが、幅広く支持されています。

インク革命.com(株式会社シー・コネクト)は、フリーダイヤルから21時までの注文であれば、365日毎日発送翌日到着と言う便利さと、純正インクと遜色の無い品質の互換性インクを豊富に取り揃えて、顧客満足度の高さに定評があります。

インク革命.com(株式会社シー・コネクト)は、インクカートリッジの販売だけでなく、インクの疑問を解決するインク塾や、様々なインクに関する情報の発信にも力を注いでおり、常に顧客本位の姿勢を貫いています。

最新インク型番から生産終了型番まで、業界No.1の品揃え!インク革命.com

インクのチップス本店

総合評価 ★★★★
サービス性 ★★★
情報の多さ ★★★
利便性 ★★★★★
満足度 ★★★★

インクのチップス本店はプリンターのインクを取り扱っている会社です。電話での受付は平日の10時から17時までの間となっています。平日の15時までに注文すれば当日に発送してくれるスピーディーなサービスが特徴です。

安いインクというと海外製のもので品質が心配という方もいるかもしれませんが、インクのチップス本店で取り扱っているプリンター用のインクは国内の安心できる企業と連携を組み、安全で安心できる品質のインクをお客様に提供しています。

また、お客様の声から生まれたオリジナル商品もあり、低価格で販売をしていてとても評判が良く、インクのチップス本店が選ばれる理由でもあります。法人向けにも販売しているので締め日などを決めて大量注文する事も可能です。アフターフォローもしてくれるのでいざという時にとても助かります。

動産社.com

総合評価 ★★★★
サービス性 ★★★★
情報の多さ ★★★★★
利便性 ★★★
満足度 ★★★★

動産社.comではインクをはじめ、ファイル、ウォーキングメジャー、不動産関連の書類も販売しており、たくさんの商品の品揃えが豊富です。特にインクはたくさんの会社のプリンターに対応できています。種類もたくさんあり、ほしいものを見つけることができます。

品質が保証されていて、安いというところも動産社.comの魅力です。確かな品質で、安いというのはとても助かります。サイト上のボタンひとつで簡単に購入することができるので大変便利です。各メーカー別でリンクがあるので見つけやすいです。

写真付きで商品の紹介もわかりやすく、対応しているそのメーカーの機種全てが書かれているので間違えて購入するということもありません。カラーも揃っているので、在庫がなくていろいろなお店をまわらなければならないということもありません。

RUNNER(ランナー)

総合評価 ★★★
サービス性 ★★★
情報の多さ ★★★★
利便性 ★★★
満足度 ★★★★

家庭用のプリンターなどで必要になるのがインクです。メーカーの純正品だとコストがかかります。その時にはRUNNER(ランナー)を利用すると良いでしょう。こちらでは、互換インクは1年保証なので、安心して使うことができます。

プリンターのインクにはICチップがついていて、プリンターにもそれを読み取る機能がついています。RUNNER(ランナー)のインクにはICチップが付いた状態になっているので、残量管理も適切に行うことができます。最後まできちんと使えます。

プリンターのインクは、メーカー保証を受けるには純正を使う必要があります。RUNNER(ランナー)は、互換性のあるタイプも利用できますが、純正も購入できます。通常より割安で購入できます。

メーカーで違うプリンターインク

プリンターはメーカーや機種によって使っているインクが変わってきます。
そのため、現在使っている機種にあるものを用意する必要があります。そして、プリンターインクは種類があり、純正品と汎用品やリサイクル品などがあります。
基本的には、メーカー純正を使ったほうがきれいに仕上がりますが、インク自体の金額が高めに設定されているという面があります。そのため、最近は汎用品利用している人が増えていますが、失敗しないためにも知っておかなければならないことがあります。まずは、純正と比べて色合いが異なるということです。
もちろん、製造している会社によって度合いは異なるものの、写真にすると違いが分かるものもあります。
そのため、購入をするときにはインターネットなどでレビューを見て判断する必要があります。

ちなみに、プリンターインクには黒とカラーがあります。
以前は黒とカラーのユニット型になっているものが多かったのですが、最近は単独で交換ができるタイプが多くなっています。そのため、無くなったインクだけを交換するということができます。そして、カラーに関しては、4色の機種もあれば6色の機種もあります。もちろん、4色よりも6色のほうがきれいに出せるというメリットがあります。
そして、どちらがお得かという部分が気になりますが、実際にはそこまで違いはありません。
購入をするときには色の数が多いため高くなりますが、コスト的には大きく違うことはありません。そして、初めにもあったように純正品では高めになっていますが、セットで購入をすることによって割安で購入できます。
プリンターメーカーによって異なりますが、6色セットで7000円ほどで購入ができます。

標準容量のもののほか、大容量タイプもあり写真など多く出す人はこちらのほうがコストも抑えられます。
ちなみに、汎用品では半額以下の3000円などで販売されているものもあります。特に、インターネットでは激安で販売されていることもありますが、質が悪かったりする恐れもあるのでその点は注意が必要です。
そして、インクは使わないとインク詰まりを起こす可能性が高くなってしまいます。そのため、できるだけ使う頻度を高くして黒やカラーどちらも使うことによって長持ちさせることができます。
そして、汎用品ではインク詰まりになってしまったというの報告が多いので、製造日ができるだけ新しいインクにすることが大切です。