プリンターインクなら、このWEBサイト!プリンターインク指南書

TOP > プリンターインク情報 > プリンターの純正インクの値段にお悩みなら

プリンターの純正インクの値段にお悩みなら

プリンターの純正インクカートリッジが高いとお悩みの場合は、サードパーティ製の物がおすすめです。
サードパーティ製はネット通販で購入できますが、オリジナルデザインの新品カートリッジを使った互換タイプや、使用済みカートリッジに新品インクを補充したリサイクルタイプ、そして、インクだけがボトルに入って売られている詰め替えタイプなどがあります。
どのタイプも価格が安いため、純正品のように高い値段のカートリッジを買わずに済むのがメリットです。
多彩なサードパーティから販売されていますから、ネット通販で購入する時は、各社の価格を比較しましょう。
また、この3つのタイプの中で最も安いのは、詰め替え用です。
自分で空のカートリッジへ補充する手間は掛かりますが、それだけにお得な値段で買えますので、最安値を希望する場合は着目しておきたい製品です。



プリンターのインクを手軽に節約する方法

プリンターって本体よりもインクが高かったりしますよね。
メーカーにもよりますが純正品なら1本1,000円、マルチパックなら1箱6,000円もする場合があります。
比較的安価なネット通販で買うにしても痛い出費です。
お金も手間もかけずにインクを節約する方法をご紹介します。
まずはパソコンで印刷設定を節約モードやエコノミーモードに設定しましょう。
自分が見るだけで終わる地図やクーポン券などの印刷品質は基本「高速」を選びます。
機種やメーカーでばらつきはありますが、印刷設定を変更するだけでコストが20%~50%も削減できます。
本体で印刷濃度を下げるだけでもOKです。
次に、コピーも印刷も極力モノクロ印刷を心がけましょう。
インクはカラーよりも黒が安く、モノクロ印刷にするだけで最大で10分の1までコストを減らすことができます。
複数のページを印刷する時は「割付印刷」を利用しましょう。
1枚の紙に2~4ページ印刷すれば用紙代も節約できます。
ただし、あまりページ数を詰めすぎると仕上がりが小さくなって読みづらくなるので注意してくださいね。



純正だけど安い プリンターの詰め替え用インク

プリンターのランニングコストを少しでも安くすませようと、純正以外のインクを使う人が増えてきました。
こうした格安インクは、安い場合はネット通販で1色100円程度で購入できます。
中には、購入後にショップのレビューを書けば1本1円という破格の値段の商品もあるほどです。
安い上に品質的にも純正とほとんど違いがないため、非常に人気があります。
しかし、互換・リサイクル品はプリンターで認識されないなどのトラブルも少なくありません。
万が一故障してしまっても、ほとんどのメーカーでは補償対象外となっているため、最悪プリンターを買い換える羽目になります。
安心して安い純正インクを使うには、「詰め替え用」がおすすめです。
空の純正カートリッジに自分で詰め替えるので認識不良もありません。
少々手間はかかりますが、容量が多いので普通に純正を買うよりも詰め替える方がお得です。

次の記事へ