プリンターインクなら、このWEBサイト!プリンターインク指南書

TOP > プリンターインク情報 > プリンターはインクがあってこそ役立つ

プリンターはインクがあってこそ役立つ

いざ印刷しようとしても、プリンターのインク切れで印刷ができなければ、かなり困った事態になります。
ですから予備のカートリッジは、余分にストックしておくことが肝心です。
インクジェットプリンターは、印刷時のほか、ノズルのクリーニングでもインクを使います。
もしも、ヘッドの目詰まりを解消しようと何度もクリーニングを実行しますと、どんどん消費されます。
また、自分でクリーニングを実行する以外、電源を投入した時も自動的にクリーニングを行うことが一般的です。
極端な話をすれば、電源のオンとオフを繰り返しているだけで、一枚も印刷していなくても、カートリッジが空になる可能性もある訳です。
ユーザーが把握していないタイミングでも減っていきますから、プリンターをいつでも使える状態にしておきたい場合は、予備カートリッジのストックが欠かせません。



プリンターが健在でもインクが入手困難になった場合

パソコンと違い、プリンターはCPUのパワー不足など、マシンスペックを理由に買い替えることは少ないですから、本体が壊れない限り、使い続けることも少なくありません。
しかし、あまりにも長持ちした場合は、専用インクの入手が困難になるケースも見られます。
例えカタログ上、メーカーから供給が続いておりましても、量販店などで取り扱いが終了していれば、メーカーから定価で買わざるを得ないなど、出費がかさみます。
そんな時におすすめできるのが、サードパーティー製のインクです。
これには再生カートリッジを使ったリサイクルタイプや、サードパーティー独自のカートリッジを使った互換タイプなどがあります。
そして、それらのサードパーティー製のインクは、旧型プリンターのカートリッジを取り扱っていることも多いのが魅力です。
通販で比較的容易に探せるうえ、値段も安いですから、古いプリンターをまだまだ現役として使いたい時に重宝します。



ネット通販でプリンターのインクを買うときには

ネット通販ではたくさんのプリンターのインクがあります。
自分自身もわざわざ家電量販店に行って買うよりもネットで買ってしまうことが多いです。
売っている多くのインクが、汎用と呼ばれるもので、純正のではないのでプリンターが壊れたりしたときに保障がないという点に注意して購入をしなければなりません。
とはいえ、今まで汎用インクをずっと購入してきてそれほど目立ったトラブルがあったことはありません。
何個かプリンターが反応しないものありましたが、値段相応で安かったのでしょうがないかなと思えるもです。
プリンタ自体は壊れた利したことはありません。
色合いが若干劣るのも、許容範囲なので十分だと感じました。
購入した人の口コミを見たりして信頼できるものかどうかを判断するのもとても重要です。
中にはぜんぜん使えなかったなんて口コミもありますがたくさんの口コミをぜひチェックしてみて判断してください。

次の記事へ