プリンターインクなら、このWEBサイト!プリンターインク指南書

TOP > プリンターインク情報 > リサイクル品を使うメリット、デメリット

リサイクル品を使うメリット、デメリット

プリンターを使用する際に大きな出費となるのがインクです。
最近では発色をより鮮やかにする為、複数のトナーが必要なものが多く、全部を純正品で揃えると数千円の出費となります。写真をたくさん印刷するという人は結構早めにインクが切れるので購入する頻度も多いのではないでしょうか。プリンターインクに関する出費を抑えるためにはリサイクルインクと呼ばれているインクのリサイクル品を購入するという方法もあります。リサイクルインクの特徴とメリット、デメリットを共に見ていきましょう。

リサイクルインクとは、家電量販店などで回収したからになったカートリッジを洗浄して、その中にインクを再び補充して販売したもので、カートリッジは純正品のものをそのまま使用しているため、性能自体は純正品と全く変わらないです。回収したカートリッジを何でもかんでも再利用しているわけではなく、きっちりと検査をしたうえで使用できるカートリッジのみを使用しているので品質もしっかりしています。このプリンターインクのリサイクル品のメリットといえば、同じ性能のものなのに、純正品と同じインクと比べると圧倒的に値段が安いという点です。また、リサイクルインクには通常のものよりも少しインクの量を増やしているものもあります。
同じ性能のものを安く購入できるわけですから、こんなに良いことはないと考えがちですが、リサイクルインクには純正のインクには無いデメリットが存在します。

では、デメリットとはいったいどのようなことなのでしょう。
まず、一度使用したカートリッジを洗って再利用するというのは厳密に言えば本来の使い方ではないので、どうしてもリサイクルカードリッジを購入して使用した場合に初期不良を起こす可能性があります。純正品にも初期不良は存在しますが、その割合は1パーセント未満です。一方リサイクルインクでは年々その比率は少なくなっているものの、現在でも年に数パーセントが初期不良として返却されています。もし初期不良が嫌なのであればやはり純正品を購入した方が安心です。
リサイクルインクを利用する場合身も万が一のことを考えて予備を購入しておいた方がもしもの際にすぐ対応できます。そして使用中ですが、リサイクルインクのトナーの種類によってはインクの残量が表示されない場合もあります。インクの残量が表示されない場合は自分でインクの残量を確認する必要があります。
印刷したものがかすれてきたらインク切れのサインなのでインクを購入しておきましょう。

次の記事へ